福島みずほ党首 千葉で社民党への支持を訴える

県内4カ所で演説
社民党の福島みずほ党首が7月10日に参院選の支持を訴え、千葉駅、稲毛海岸駅、検見川浜駅、津田沼駅の4カ所で演説をしました。
福島党首は、「富裕層や大企業のための強い国ではなく、やさしい社会を目指すために、社民党への支持を」と訴えました。

1%のための利益でなく
99%のためのやさしい社会を

福島党首は、安倍政権による経済政策について、「アベノミクスは、1%の富裕層や大企業のためのもの。99%を切捨て、国土強靭化として社会保障を削るやり方は、アベコベ政治だ」と厳しく批判しました。
また、「千葉県は、農業県でもありその農業をつぶすTPPには断固反対。今でも15万人の避難者が大変な思いをしていることに目をつぶり原発再稼働、原発輸出は許せない。原発ではなく、風力や太陽光など、まさに千葉県で自然エネルギーを促進し、雇用と産業をつくるべきだ」と述べました。

 


■と き 7月14日(日)14時から
■ところ 市川市アイリンクルーム
JR市川駅南口
ザ タワーズイースト3階

■鴨ももよ比例代表候補が訴える
  福島みずほ党首が応援に来ます

2013年7月10日

関連記事

年間:アーカイブ

ページ上部へ戻る