「社民党県連合2007年新春の集い」を開催

  社民党千葉県連合(村上克子代表)は、「07年新春の集い」を1月27日、千葉市内で開催し、党員や支持者など300人を越える参加者が党の躍進を誓いました。
村上代表は「今年は選挙の年。格差問題と平和を訴え、統一自治体選挙と参議院選挙に全力を挙げたい」と決意を述べました。
多忙の中、駆けつけた福島党首は、通常国会の課題を「ストップ・ザ格差社会、憲法改悪」と位置づけ、参議院選挙では、平和の一議席をなんとしても勝ち取るために千葉の皆さんの奮闘に期待する」と述べ、党にエールを送りました。また、連合千葉の黒河悟会長らも激励に駆けつけていただきました。
二部では、「全力で頑張ります」と、統一自治体選立候補予定者の決意。恒例の「お楽しみ抽選会」では、当選者に各地域の地酒や花、お菓子などが渡され、福島党首からも高級ワインが手渡され、会場から歓喜の声が上がっていました。


2007年1月27日

関連記事

年間:アーカイブ

ページ上部へ戻る