土井たか子さん 憲法について大いに語る

1028_doi

土井たか子講演会実行委員会(代表小宮清子県議)は、10月28日、流山市内で、憲法行脚の会の呼びかけ人の一人である土井たか子名誉党首を招き、講演会を開催、市民ら180人が参加しました。
土井名誉党首は、「閣僚や自民党役員の核保有論議は許せない。非核三原則は国民の重い約束だ。憲法9条を守ることはもちろん、憲法99条は、国会議員や公務員は、憲法尊重擁護の義務がある。憲法を変えることを認めていない。いまある憲法を活かしていく取り組みが大事だ」と、安倍政権をきびしく批判、憲法擁護の大切さを訴えました。
会場からは、「土井さんが若くいられる秘訣は」と質問され、「くよくよしないことです。休みも取りたい」と答弁。会場がなごやかな雰囲気に包まれました。また、会場ではスリランカ内戦下で多くの市民の犠牲に対し、緊急食糧支援カンパを要請、約4万4千円が集約されました。


2006年10月28日

関連記事

mizuho_2

mizuho_2

年間:アーカイブ

ページ上部へ戻る