福島みずほ党首が、松戸・流山・野田で街頭宣伝

 千葉県連合は、4月4日に福島みずほ党首を招き、衆院7区内(松戸市の北部・流山市・野田市)の3カ所で街頭宣伝を行ない、党の政策を訴えました。
上田けい子衆院千葉7区予定候補は、「政府の給付金のバラ巻き、これが政治といえるのか。子どもを生み育てる環境、社会保障の充実こそが子どもたちの未 来をつくる」と自公政権を批判し、「小泉構造改革が働く者の雇用を不安定にした。派遣切りを放置できない。いよいよ社民党の出番だ」と決意を表明しまし た。
福島党首は、「雇用と暮らしを守り、働き方の規制緩和の改正に全力をあげる。そのために、労働者派遣法の抜本改正に向け、他の野党に働きかけている」な ど、国会の状況を報告しました。また、銚子市立病院の休止問題に触れ、社会保障費の削減を進める政府を批判し、「上田さんと共に国民の手に政治を取り戻し たい」と道行く人に訴えました。
政治と金の問題では、「公共事業受給企業からの政治献金を禁止するべきだ」と強調し、支持者からは、大きな拍手がわきました。

 

支持者から激励を受ける上田けい子予定候補

 

国民の手に政治を取り戻そうと社民党への支持を訴える福島党首。


20090404

関連記事

なかむら未央

なかむら未央

2019年夏に行われる参議院選挙・比例区に沖縄県議会議員なかむら未央(みお)さんの公認が決定しました。
辺野古・憲法・格差、いのちをあとまわしにしない!

詳しく見る

 

 

年間:アーカイブ

ページ上部へ戻る