お金がなければ入所できない

kudou

 現在松戸市の特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)のベッド数は846床、5月現在の待機者が1393人。そ の待機者の生活状況は在宅でひとり暮らしの要介護3度・4度・5度の方が、198人。夫婦のみ世帯で同じく要介護3以上では123人。今後3年間での施設 整備計画数は210床ですから、待機者の解消は程遠く、寝たきりで
のひとり暮らしがどんなものか心配されます。
最近は住居費分が自己負担になるユニット型(個室)が増えていますが、所得が低い方は古くからの多床型の特養施設に申込みが集中しているようです。
事業者への補助金を削ってきた国は、ユニット型の施設を7割まで増やし、その運営を助けようとしているように思われますが、利用者側からすればお金がな ければ特養に入所できないということです。県内35%の施設整備率という現状に、私たちが自治体でもっと強く声をあげなければと考えるところです。


20090601

関連記事

年間:アーカイブ

ページ上部へ戻る