厳しくなった市原市財政、その打開策は

20100605miyakuni

   2010年度の予算編成を決める3月議会は、不況下での非常に厳しいものでした。歳入の大幅な減少に対し、臨時財政対策債を目一杯の30億円発行して何と か乗り切ろうとしていることに、質問しました。市は、「臨時財政対策債といえども借金ですので、可能な限り抑制すべきですが、市民サービスの低下を招かな いという事で活用したい」と、苦しい答弁でした。
しかし、将来の借金として市民へ跳ね返ってくるわけですから見過ごすことはできません。
6月議会では、こうした厳しい市の財政状況を打開していくための政策について質問していきます。
特に、市原市は、昨年の2月にバイオマスタウン構想を発表し今年度からその具体的な活動が始まるので、その利活用について質問するつもりです。社民党に ついて、今さまざまな意見がありますが、先日、60代の女性から、国民は事を急ぎ過ぎる、60年続いた自民党政治の垢はそんな簡単に落ちない、社民党がん ばれ、と元気をいただきました。


20100605

 

関連記事

年間:アーカイブ

ページ上部へ戻る